今更聞けない!ボタニカルってどんな柄?

春から初夏にかけて人気なのがボタニカル柄ネイル。
お花や葉っぱをネイルにすることで、指先からリゾート気分になれますよね。

その一方で、ボタニカルが何か知らないネイリストは意外に多いもの。
南国イメージのネイルがボタニカル柄だと思いがちですが、実はボタニカル=植物のこと。
ボタニカル柄ネイルは、植物柄のネイルを指しているんです。
そのため、定番となっている花柄ネイルも、厳密にはボタニカル柄ネイルとなります。

とはいえ、多くのボタニカル柄ネイルは、葉っぱが主に描かれている植物アート。
ネイリストとしてオーダーを受けた場合には、花をあしらう場合であっても、葉を添えることでお客様に喜んでいただけますよ。

画像出典元:http://1001.jp/blog/gel-nail/21696.html

ボタニカル柄はバランスが大事

ボタニカル柄ネイルを施す場合、何よりもバランスが重要だと言われています。
爪へ花と葉の両方を描く場合は、同じ色同士が隣り合わせにならないよう注意しましょう。

まず葉を描き、上から重ねるように花を対角線上に乗せるとキレイな仕上がりになりますよ。
ネイルスクールでは、このようなバランスについても細かく教えてもらえますから、是非プロからの指導を受けておきたいですね。

葉だけをモチーフにした場合は、シンプルに一つの葉を描くだけでも美しいネイルに。
よりリゾート感をアップしたいなら、ヤシの葉やモンステラなどを重ねて描きましょう。
ベースのカラーによってもガラリとイメージが変わるのがボタニカル柄ネイル。

お客様の好みや、季節に合わせて、アレンジしていきたいですね。
クール系を目指すなら、モノトーンで描くことでシックな雰囲気になりますよ。
どんな服装にも合わせやすい柄ですが、シンプルなファッションと相性が良いのもボタニカル柄の特徴。
自然派の女性や、普段はアクセサリーなどをあまり身につけない女性へ、特にオススメしたいネイルです。

画像出典元:http://www.nail-niico.com/gallery/2014/07/2014-53.php